お仕事を探すすべて見る

Column..薬剤師のより良い求人を探すなら

薬剤師のお仕事は今現在、もっとも売り手市場にあると言われていますが、今後は日本の少子高齢化に伴い、だんだんと高齢者が減少していくとともに、少子化の影響によって、その数は余剰になっていくのではないかと懸念されています。

今よりもさらなる活躍をしたいと考えるのであれば、超売り手市場になっている今の段階のうちに、より良い条件の求人を見つけることが賢明な方法だと言えそうです。また、転職を考えている方なら、今が転職のチャンスと考えても良いのではないでしょうか。

東京や神奈川といった都心部では、医療の分業化がより明確化されていますので、より働きやすい環境を探したいと思うのなら、都心部を中心として求人を探してみるのも良いかもしれませんね。

Pick Up 求人すべて見る

Column..分業化によって増加した薬剤師の求人

最近では医療業界の人手不足が深刻になっているため、医師や看護師数も不足傾向にあり、患者さんとのコミュニケーションが完全にとりきれていないことも多いようです。
こういった患者さんとのコミュニケーション不足から起き得る医療ミスを、なるべく防ぐことができるよう、医療の分業化がどんどん活発になってきました。

薬剤師のお仕事というと、以前は医師からの指示に従い、ただ薬を調合するだけといったイメージでしたが、医療分業が活発になるとともに、最近では医師が患者さんへの薬に対して質問洩れがないか、アレルギーはないか、他の病院からの服薬などはないかといった、患者さんへのカウンセリングを行いながら、調剤を行うようになっています。
また、お薬手帳などで患者さんの薬歴管理なども同時に行いながら、患者さんに適した調剤を行っています。

新着求人すべて見る

Column..深刻化している薬剤師不足による求人

薬剤師は医師からの処方箋を元に薬を調剤する、いわば薬のプロフェッショナルのお仕事と言えます。医療の分業化がどんどん整備されていくとともに、日本の高齢化社会化も進んでおり、その活躍の場はますます広がっていると言えるでしょう。

特に最近では高齢化社会のため、病院の利用者数が右肩上がりに急増している一方で、対応できる医療従事者数が圧倒的に不足している現況となっています。
当然ながら医薬品を扱う業界でも人手不足が問題となっており、病院や調剤薬局、ドラッグストアなどからの求人が常に絶えない状況となっています。

理由の一つとしては、一日に受付できる処方箋の枚数は決められているため、病院での処方箋が増えるということは、それだけ数が不足してしまうといった点があります。他にも近年、次々と大手ドラッグストアが新店舗を展開していることも、人手不足に拍車をかけているようです。