ドラッグストアで働くということ


こんにちは!
実は私、いま体調を崩しております。
本当は病院にかかるのが良いのでしょうが・・
市販薬を購入して、今はだいぶ落ち着いてきました。

そこで今回は、薬剤師さんが『ドラッグストアで働く』ということについてお話します。

まずはじめに、私は薬剤師ではありません。
薬に関する知識となると・・・です。
そして、あまり丈夫でもありません・・・。
病院・薬局のお世話になることも多々。

かぜひとつとっても、ドラッグストアではかなりの数の薬が売られています。
一般の人から見たら、何がどんな風に違うのか分かりません。
手がかりとなるのは、パッケージに書かれた『喉に』『熱に』といった文句だけ。

この中からひとつの薬を選ぶのは、すごく大変なんです。

そこで希望の光となるのが、薬剤師さん&登録販売師さんです。
自分の状態を話して、それに合った薬を専門家に選んでもらう・・
その安心感って、すごく大きいんです。
特に合わない薬がある人にとっては、重要なポイントです。

『薬剤師→薬局→調剤薬局』
世間の方の多くが、薬剤師から調剤薬局をイメージするのではないでしょうか。
でも調剤薬局とはまた違った遣り甲斐が、ドラッグストアにはあるようです。

・病院よりも手前の存在であるドラッグストアで、処方箋ではなく自分の知識と経験でアドバイスする
・体調がひどくなる前に、市販薬によって悪化を防ぐことが出来る

以前、ドラッグストアで働く薬剤師さんに聞いた『ドラッグストアでの遣り甲斐』です。

調剤薬局、病院、企業・・・
薬剤師さんには多くの活躍の場があります。
経験を活かして同じ分野でステップアップするも良し!
新たな分野でチャレンジするも良し!
どちらにしても『自分にあった職場はどこだろう?』なんて、改めて考えてみる時間を持つのもいいかもしれません。

過去には現場未経験で転職された方の実例もありますので、不安なことはお気軽にご相談くださいね。

コメントは停止中です。