遅延証明書と遅刻のお話


こんにちは!

今朝は台風の影響で、首都圏の交通機関は大混乱でしたね。
かくいう私も、いつもの3倍以上の時間をかけて出社いたしました・・・
薬局に勤務されている方、中には一人薬剤師でやっている方もいるかと思います。
とにかくお店を開けなくては・・社会的に大きな使命をもつ薬局ならでは、ですね。
IMSの運営するなかよし薬局では、車通勤の社員が殆どなので、問題なく開店が出来たようです。

ここで気になるのが、交通機関の遅れによる遅刻の取扱いについてです。
普段から電車を利用されている方は『遅延証明書をもらって会社に提出!』という図式を思い浮かべるでしょう。
正解です!
が、全ての会社がそうとは限りません。

実は遅刻の取扱いについては明確な取り決めがなく、会社の就業規則による部分が大きいのです。
◇遅延証明書を持ってきたら、遅刻扱いにしないよ
◇遅延証明書を持ってきたら、事情により遅刻扱いにしないこともあるよ
◇遅延証明書があったらいいけど、なくても大丈夫だよ
などなど・・・

中には『遅刻扱いにならないケース』もあるので、注意したいですね!

多少のトラブルがあっても、就業時間に間に合うように家を出るのが理想なのはもちろんです。
でもそれだけでは対処できない事態も、いつ起こるかわかりません。

いまいちど、自分の働く会社の就業規則を確認してみてはいかがでしょうか??
ちなみに私も社員手帳を読み返してしまいました。

それでは!台風一過の青空の下、頑張っていきましょうー!(こっちはまだ雲ってますが・・・)

コメントは停止中です。