• HOME
  • 最新情報
  • 川崎市のPM2.5調査結果について発表がありました

川崎市のPM2.5調査結果について発表がありました


皆さん、こんにちは!
今朝は大阪でも初雪が観測されたそうですね!
寒いわけです・・明後日には師走に入りますものね。

川崎市内のPM2.5について、市民団体による調査の結果が発表されました。
カナロコ:PM2.5 100カ所の測定結果公表、市民団体が調査/川崎

今月5日に川崎市内45カ所の駅ホーム、同11日に市内55カ所の道路交差点で、簡易測定器を使って調査が行われました。
駅の全市平均が22マイクログラムでしたが、全体を通じて高い数値を示していたのが、麻生区・多摩区といった川崎北部エリアです。
調査を行った団体からは「短時間の測定なので即断できないが、市内全域で汚染が広がっていることは確認できた」との指摘がありました。
実際に川崎市北部で気管支喘息患者が増加しており、因果関係も含めて今後も推移を見守りたいとの見解を示しています。

最近は、メディアでPM2.5について触れられることが減ったように思います。
一時は毎日の天気予報で、PM2.5についてもお知らせをしてくれることが多かったような・・
話題になることは減っても、問題そのものがなくなったわけではないんですよね。

今後、もしかしたら薬局でも、患者さんから相談されることが増えるかもしれません。
今回は川崎市の調査についてですが、一度、皆さんがお住まいの地域についても確認してみてはいかがでしょうか?

空と木

コメントは停止中です。