ベトナム人看護師養成事業のお話①


みなさん、こんにちは。
随分久しぶりの更新になってしまいました。
あっというまに2015年になり、IMSも支社・営業所・薬局それぞれで頑張っています。

そんな中、今日はIMSで取り組んでいる『ベトナム人看護師養成事業』についてお伝えしたいと思います!

神奈川県を中心に医療・福祉事業を中心に事業展開するIMSですが、3年ほど前から海外との事業も手がけています。
その名も『ベトナム人看護師養成事業』。読んで字の如く、ベトナム人の看護師を養成しています。

いま、国が中心となってEPAが推し進められています。
外国人看護師候補が各地の病院で働きながら、学びながら、看護師資格の取得を目指しているんです。
しかし現実は甘くなく…なかなか思うように試験に合格できずにいるんですね。
そうこうしている間に期限が来て、祖国へ帰っていくという外国人材が多くいるのです。

そこで、国ではなく民間が主導となって外国人看護師を育てられないかと立ち上がった本事業。
私の上司が何度もベトナムに足を運び、調査と協議を重ね、いま、事業として動き出しています!

ベトナムの医療系国立大学とタイアップして、ベトナム国内で『日本の看護師』を育てます。
大学にもともとある看護学部の中に『日本コース』なるものを新設したのです!
ちょっとスケールの大きな話になってきました~!

日本国内の通常の看護大学・看護学部よりちょっと長めの期間がかかりますが…
すでに2期生が入学をし、ベトナムで勉強に取り組んでいます♪

将来的には日本各地の病院に散らばり、看護師として働くこととなります。
この事業出身のベトナム人看護師と一緒に働く薬剤師さんもいるでしょう★
本当に夢のある事業で、先が楽しみな事業です。

今日は『ベトナム人看護師養成事業』というものがあるというお話でした。
次回、もう少し詳しく事業についてお伝えします!

今後ともよろしくお願いいたします***

コメントは停止中です。