職場での健康診断、受けていますか?


皆さん、こんにちは!
先週末の大雪の中、人間ドックを受けてきました。
自宅から病院までの1時間の道のりも辛かったですが、人生初の胃カメラに涙が出ました…。
1年前と比べて体重が2キロ増えていたのですが、あと2キロ太ったらダイエットしようと思います^^

さて、今日はその流れで『健康診断』についてお話しようと思います。

職場での定期健康診断は誰が受けるの?

正社員で働いている方は、皆さん毎年受けているかと思います。
では、派遣・パート・アルバイトの方はどうでしょう??
この中には、受けてるよ~って人も、受けてないよ~って人も、両方いるのではないでしょうか。
実は『会社が健康診断を受けさせなくてはならない人』について、しっかり国が決めているんです。
 《1》雇用期間の定めのない者
 《2》雇用期間の定めはあるが、契約の更新により1年以上使用される予定の者
 《3》雇用期間の定めはあるが、契約の更新により1年以上引き続き使用されている者
短時間労働者でも、上記のいずれかに該当し、1週間の所定労働時間が同種の業務に従事する通常の労働者の4分の3以上ある場合、会社は定期健康診断を受けさせる義務を負うことになっています。
ちなみに1週間の所定労働時間が同種の業務に従事する通常の労働者の2分の1以上ある場合は、受けさせることが望ましいとされています。
有害業務従事者や深夜勤務者に対してなどさらなる規定もありますが、『1年以上の雇用・4分の3以上の勤務時間』は最低限覚えておきたいポイントですね。

健康診断ってどこまでするの?

実はこれについても、明確に項目が定められています。
 ■既往歴及び業務歴の調査
 ■自覚症状及び他覚症状の有無の検査
 ■身長、体重、視力及び聴力の検査
 ■胸部エックス線検査及び喀痰検査
 ■血圧の測定
 ■貧血検査
 ■肝機能検査
 ■血中脂質検査
 ■血糖検査
 ■尿検査
 ・ 尿中の糖の有無の検査
 ・ 尿中の蛋白の有無の検査
 ■心電図検査
年齢や性別によって変わってきますが、基本的には上記項目をカバーする形で行われます。
それを考えると、私が会社の健康診断で人間ドックを受けさせてもらえるのもありがたいお話です…。

健康診断は会社にとっての義務、労働者にとっての権利

実は『健康診断=正社員のためのもの』と思っている方が少なくありません。
しかし会社は正社員だけでなく、パート・アルバイトの方でも一定の基準を満たした場合は、健康診断を受けさせる義務があるのです。
ちなみに、派遣社員の場合は、派遣元(派遣会社ですね)が健康診断を受けさせる義務を負います。

働く上で、こういった基本的な知識を身に付けることは、自分を守ることにもつながります。
もし『知らなかった~』という方がいたら、ぜひ!!覚えておいてくれると嬉しいです♪
聴診器001

遅延証明書と遅刻のお話


こんにちは!

今朝は台風の影響で、首都圏の交通機関は大混乱でしたね。
かくいう私も、いつもの3倍以上の時間をかけて出社いたしました・・・
薬局に勤務されている方、中には一人薬剤師でやっている方もいるかと思います。
とにかくお店を開けなくては・・社会的に大きな使命をもつ薬局ならでは、ですね。
IMSの運営するなかよし薬局では、車通勤の社員が殆どなので、問題なく開店が出来たようです。

ここで気になるのが、交通機関の遅れによる遅刻の取扱いについてです。
普段から電車を利用されている方は『遅延証明書をもらって会社に提出!』という図式を思い浮かべるでしょう。
正解です!
が、全ての会社がそうとは限りません。

実は遅刻の取扱いについては明確な取り決めがなく、会社の就業規則による部分が大きいのです。
◇遅延証明書を持ってきたら、遅刻扱いにしないよ
◇遅延証明書を持ってきたら、事情により遅刻扱いにしないこともあるよ
◇遅延証明書があったらいいけど、なくても大丈夫だよ
などなど・・・

中には『遅刻扱いにならないケース』もあるので、注意したいですね!

多少のトラブルがあっても、就業時間に間に合うように家を出るのが理想なのはもちろんです。
でもそれだけでは対処できない事態も、いつ起こるかわかりません。

いまいちど、自分の働く会社の就業規則を確認してみてはいかがでしょうか??
ちなみに私も社員手帳を読み返してしまいました。

それでは!台風一過の青空の下、頑張っていきましょうー!(こっちはまだ雲ってますが・・・)

紹介予定派遣について


こんにちは!
派遣という働き方が浸透して久しいですが、紹介予定派遣については知らない人も多いようです。
本サイト内でも紹介予定派遣についての解説がありますが、今日は『紹介予定派遣』についてさらに詳しくお話したいと思います。

◇紹介予定派遣ってなに?

その名の通り、『紹介を予定している派遣』です。
紹介というのは、就業先企業から直雇用されるスタッフとして紹介を受けることを指します。
就業開始から直雇用になるまでの具体的な流れを見てみましょう!

◇紹介予定派遣の流れ

◆例◆*********************
『A』紹介/派遣会社
『B』就業先(薬局、ドラッグストア・・・etc)
***************************
《1》紹介予定派遣としての就業が決定!

・まずは派遣スタッフとして勤務を開始します
・『A』と労働契約を結びましょう

《2》勤務開始!

・最長6ヶ月の派遣契約に基づき、『B(薬局等)』へ勤務をします
・この時点で、雇用主は『A(紹介会社)』です
・よって、お給料は『A(紹介会社)』から支払われます

《3》派遣期間の終了が近づいてきました・・・

・ここで『B(薬局等)』の直接雇用に切り替えるかどうか決めます
・6ヶ月を超えて派遣として勤務することは出来ません

《4》派遣期間終了、紹介のときです!

・派遣スタッフではなく、『B(薬局等)』に直接雇用されることになります
・よってお給料も『B(薬局等)』から支払われます

◇紹介予定派遣のメリット

それは『派遣期間をおくことで職場の見極めが出来る』ことです。
(本当にこの職場でうまくやっていけるかな?)
(自分が望んでいる環境かな?)
中に入ってみないと分からないことは沢山あります。
最長6ヶ月の派遣期間のうちに、じっくり見極めてください。
実際に体験したうえで、正式に入社するかどうかを決めることができる制度です。
ただし、その間、先方もこちらを見ていることを忘れずに!

◇紹介予定派遣のデメリット

あえて言うなら、派遣期間中は直接採用するかどうか確定していない、ということでしょうか。
ただし、この派遣期間中に、実際の現場で自分をPRすることが出来るのは大きなメリットと考えることもできます。

実際に紹介予定派遣で就職された方のお話を聞くと、職場の中を見た上で決められる安心感が大きいようですよ!
紹介予定派遣で働きたい方、またもう少し詳しく知りたい方。
どうぞお気軽にお問合せください♪