ベトナム人看護師養成事業のお話②


皆様こんにちは。
あっというまに夏、暑い日が続きます。過酷です。

そんな中、私は7月に1週間ほど近畿地方に行ってまいりました。
なぜかというと、前回の記事でお伝えした『ベトナム人看護師養成事業』で学ぶ
ベトナム人大学生3名が、初★来日していたためです!

今回は、事業に参画してくださっている近畿地方の病院様によるご招待でした!
なのでご褒美の意味もこめて、1期生のうち成績優秀者3名を呼んでいます♪
日本の医療機関や介護施設を見て、大阪観光もしっかりして、濃いぃ~~1週間を過ごしました。
今回来られなかった他の学生にも、日本で学んだことをしっかり伝えてくれると信じています♪

さて、この1期生たち・・
9月には大学3年生になります!(ベトナムは学校が9月始まりです)
ということは、大学に入学してもうじき丸2年、つまり日本語を学んで丸2年です。
私は初めて学生と対面したのでちょっとドキドキ・・と思ったら、日常会話には困らないくらい日本語がつかえているのです!
もともと優秀な学生たちとは聞いていましたが、これにはびっくり。

彼女たち1期生が「日本の看護師資格」をとって日本で働き始めるのは2019年です。
それまでの間に、超えなくてはいけないハードルがた~くさんあります!
とても前向きで真面目で素直な学生たちです。
だからきっと大丈夫!そう思えた近畿旅行(私は旅行じゃないですが・・)でした★

株式会社イノベイションオブメディカルサービスでは、医療・福祉にかかわる事業を展開しています。
神奈川県厚木市から、日本国内にとどまらない事業展開!
幅広く活動していることを知っていただけたら幸いです♪

ベトナム人看護師養成事業のお話①


みなさん、こんにちは。
随分久しぶりの更新になってしまいました。
あっというまに2015年になり、IMSも支社・営業所・薬局それぞれで頑張っています。

そんな中、今日はIMSで取り組んでいる『ベトナム人看護師養成事業』についてお伝えしたいと思います!

神奈川県を中心に医療・福祉事業を中心に事業展開するIMSですが、3年ほど前から海外との事業も手がけています。
その名も『ベトナム人看護師養成事業』。読んで字の如く、ベトナム人の看護師を養成しています。

いま、国が中心となってEPAが推し進められています。
外国人看護師候補が各地の病院で働きながら、学びながら、看護師資格の取得を目指しているんです。
しかし現実は甘くなく…なかなか思うように試験に合格できずにいるんですね。
そうこうしている間に期限が来て、祖国へ帰っていくという外国人材が多くいるのです。

そこで、国ではなく民間が主導となって外国人看護師を育てられないかと立ち上がった本事業。
私の上司が何度もベトナムに足を運び、調査と協議を重ね、いま、事業として動き出しています!

ベトナムの医療系国立大学とタイアップして、ベトナム国内で『日本の看護師』を育てます。
大学にもともとある看護学部の中に『日本コース』なるものを新設したのです!
ちょっとスケールの大きな話になってきました~!

日本国内の通常の看護大学・看護学部よりちょっと長めの期間がかかりますが…
すでに2期生が入学をし、ベトナムで勉強に取り組んでいます♪

将来的には日本各地の病院に散らばり、看護師として働くこととなります。
この事業出身のベトナム人看護師と一緒に働く薬剤師さんもいるでしょう★
本当に夢のある事業で、先が楽しみな事業です。

今日は『ベトナム人看護師養成事業』というものがあるというお話でした。
次回、もう少し詳しく事業についてお伝えします!

今後ともよろしくお願いいたします***

薬剤師復職支援研修、やっています


皆様、こんにちは!
今日はIMSで取り組んでいる薬剤師復職支援についてお伝えします。

薬剤師業界の男女比をご存知ですか?
厚生労働省の統計によると、なんと約7割が女性だそうです。
「そういえば大学も女の子が多かったな~」なんて思ったりしませんか?

薬剤師だけでなく、女性の多い業界に共通して言えることがあります。
それは「結婚・出産による離職が多い!」ということ。
特に、20代後半~30代といった世代に顕著に現れる現象です。

実際「薬剤師免許は持っているけど・・いきなりの復職は不安」という方が多くいます。
医療業界は日進月歩の世界、少し離れているだけで色んなことが変わっていきます。
なのでその不安も当然のこと・・。

そこで、IMSは「薬剤師復職支援プログラム」を実施し、復職を目指す方のお手伝いをしています。
(詳しくは本サイト「復職支援プログラム」をご覧ください)
復職支援20131111
なかよし薬局東名店での復職支援の様子・・
受講者のお顔にはぼかしをいれています^^

復職を考えた時点での状況や希望には個人差があります。
日程も内容も個人に合わせた「オーダーメイド研修」をすることで、より受講しやすく、そして不安をなくせるようにしました。
もちろん受講は無料!
これまでも研修を経て、自信をつけてから次の職場へ進まれた方が多くいます。

薬剤師免許は一生の資格、取得するのも楽ではありません。
そして何より社会への貢献度の高いお仕事です。

「また薬剤師として働きたい」と思っている方に、ぜひ活用してほしいと思っています。

《復職支援の流れ》

◆状況の確認
・これまでの経験業務、年数、等
・今後のビジョン
(何に向けて復職支援研修を受けるのか)
・不安を感じているポイント、希望する研修内容
・スケジュール
(受講可能日数・時間、時期、期間、等)
◆研修内容作成
IMSでヒアリング内容を踏まえ、プログラム作成をします
※時間・期間等、内容に合わせてアドバイス致します
◆研修受講
◆研修終了後、お仕事のご紹介も行っています
※入職は強制ではありませんので、ご安心ください
*************************

ちなみに!
「復職」ではなく、臨床未経験で不安だと言う方もOKです!

まずは本サイトお問合せフォームから、お気軽にご連絡くださいませ。

10月27日説明会:明治薬科大学にて


こんにちは!
11月になってしまいました・・早いです。
今年もあと8週間で終わりなんですねー!

さて、そんな秋も深まる中、10月27日に薬学生のイベントへお邪魔してきました★
かつて薬学生だった皆さんの中には『日本薬学生連盟』を知っている方もいると思います。
学校の垣根を越えて様々な活動をしている、全国規模の薬学生団体です。

10月27日は明治薬科大学で日本薬学生連盟の活動報告会が行われており、その中でIMSについてお話をする時間を頂戴しました。
時間は1時間弱、1~6年の薬学生を前になかよし薬局のプレゼンです。

年次が上になれば、就職活動の中で企業説明会に行くことも増えるでしょう。
ただ、今回は1年生も聞いています!
わかりやすく『IMSについて』『なかよし薬局について』『IMSで働く薬剤師の”想い”について』を伝えられるよう、IMSのプレゼン担当者も準備に余念がありません。

明治薬科大20131027
当日は40名弱の学生さんが来ていました。
みんな一生懸命、話を聞いています。
中にはPCで記録を取りながら話に耳を傾けている学生さんもいて、私は(これも時代の流れだなー)なんてことをボンヤリ思ったりもしました^^

質疑応答の時間には、多くの学生さんがIMS担当者のところまで来て、色々な質問をぶつけていたようです。
中でもIMSが取り組んでいる《薬局&治験&病院インターン》に興味津々な様子でした。
傍で見ていた私には、学ぶことに意欲的な学生さんの姿が印象的でした。

薬学部へ進学する学生さんは、みんな何かしらの想いを持って進学しているでしょう。
自分の中にある想いや意欲を実際の活動を通して体現することは、きっとエネルギーの要ることだと思います。
だからこそ遣り甲斐があり、その経験が後に自分の糧となっていくんでしょうね。

そんなことを考えた日曜の午後でした。

2013年夏インターンシップ《2》


皆様、こんにちは!

前回、8月・9月に東名厚木病院&なかよし薬局で開催した薬学生インターンシップについてお伝えしました。
今回は参加してくれた学生さんの声を紹介したいと思います。

◆5年生の声
・治験に薬剤師が関わる意味、病院と薬局の薬剤師の違いを知りたかった
・自分が働く姿を想像しながら現場を見て、新しい物の見方に気付かされた

◆4年生の声
・治験の概要が理解できた
・在宅医療のインパクトが大きかった

◆4年生の声
・病院ではうまく薬を飲み込めない患者さんに対して薬の剤形を選ぶのにも色々あるのだと知った
・現場の雰囲気と学校では全く違った、薬剤師のリアルを体感できた

◆3年生の声
・今後、何が自分に必要かを、実際に働く薬剤師さんから見せてもらえて良かった
・それぞれの分野の薬剤師さんがどんな仕事をしているか、その仕事や判断をするときに何を考えているのかを知ることが出来た

特に実習未経験の学生さんにとっては、インパクトが大きかったようです。
皆さんは学生だった頃、何を考えていましたか?
どんな薬剤師としての希望を持っていましたか?
若い薬学生との交流は、IMSで働く薬剤師にとっても良い刺激になっているみたいです。

最後に、就職先選びについて聞いてみました。

【Q】何を重視して就職先を選びますか?
【A】社風、雰囲気、自分に合っているかどうか

もちろん、場所やお給料など多くの要素があります。
その中でも、一番「重視する」という声が多くあがったのが職場環境でした。

これは新卒も中途も変わらず、長く働き続けられるかどうかの最大のポイントですね。

以上、夢と希望に溢れた未来の薬剤師たちに、こちらも元気をもらったインターンシップでした。

2013年夏インターンシップ《1》


皆様、こんにちは!
今日は8月・9月に行われた薬学生インターンシップの様子をご紹介いたします。

今回のインターンシップは「実習はまだだけど、実際の現場を見てみたい!」という薬学生の皆さんが来てくれました。
参加してくれたのは、8月・9月ともに2名ずつの薬学生。
関東・関西の3~5年生です。

このインターンシップの大きな特徴は、調剤薬局・治験・病院という3つの現場を見られることにあります。
舞台はIMSの調剤薬局『なかよし薬局船子店・東名店』、そして『東名厚木病院』『東名厚木クリニック』です!
東名厚木病院を運営する医療法人社団三思会様にご協力いただき実現したインターンシップなのです。
学生さんには、2泊3日で各セクションを行き来するカリキュラムをこなしてもらいます。

***1日目***
まずは、インターンシップについてのオリエンテーション。
ここで学生さんには、今回のインターンシップでの目標設定をしてもらいます。
それが終われば、いざ!研修スタートです。
1日目は薬局研修。
調剤薬局で処方箋や機械に触れてみます(もちろん模擬ですけどね)。
インターン006-201309
インターン004-201309
薬局内だけでなく、在宅研修も行います。
患者さんの協力を得て、実際に訪問同行してみます。
また、今回は9月インターンシップのみの実施でしたが、都合が合えば『学校薬剤師の現場』も見ることが出来ますよ。

そして、先輩薬剤師との座談会もあります。
インターン005-201309
IMS薬剤師には男性はもちろん、結婚・出産を経て現場復帰している女性薬剤師もいます。
日々の業務について、薬剤師のキャリアパスについて、就職活動について・・
飾る必要も、背伸びする必要もなく、みんな思い思いに質問していました。

***2日目***
午前中は治験(SMO)に関するカリキュラムでスタートします。
『治験ってどんなことをしてるの?』
『どんな流れで仕事が進むの?』
そんな疑問に、IMSのCRCが丁寧に答えます。
インターン001-201309
実際の仕事の流れ・動きを、自分の足で追っていきます。

午後は病院研修でした。
施設や設備、そして病棟薬剤師の仕事を見学します。

薬局→治験→病院と移り変わる研修に、学生さんも真剣そのものです。

***3日目***
最終日は、まず薬局研修です。
インターン003-201309
IMSの薬剤師を相手に、服薬指導のロールプレイング。
インターン002-201309
もちろん椅子に座ってのお勉強もあります。

お昼からは再び病院へ。
実際に病棟に入り、嚥下困難患者さんへの食事介助の見学と考察を行います。
そして、病棟薬剤師業務のシミュレーションへ。

そろそろ研修の終わりが見えてきました・・

夕方からは、薬局へ戻って振り返りとまとめの時間です。
『研修でこんなことを学んだ・感じた』
『最初の目標に対してどうだった』
それぞれ発表をし、インターンシップが終了となります。

少し長くなりましたが、インターンシップの様子でした。
次回、実際に参加してくれた学生さんたちの声をお伝えします!

なかよし薬局について


皆様、こんにちは!
今日はIMSの薬局『なかよし薬局』の紹介です!

IMSは平成10年に厚木市船子で調剤薬局第1号店をオープンさせました。
それから15年、今では神奈川県内14店舗まで増えています。
神奈川県央エリアを中心に、地域密着のかかりつけ薬局を目指しています。

《厚木市》
◇保険調剤 なかよし薬局 船子店(厚木市船子236-3)
◇保険調剤 なかよし薬局 愛甲店(厚木市愛甲1-5-9)
◇保険調剤 なかよし薬局 恩名店(厚木市恩名2-23-4)
◇保険調剤 なかよし薬局 関口店(厚木市関口262-11)
◇保険調剤 なかよし薬局 妻田店(厚木市妻田東1-23-6)
◇保険調剤 なかよし薬局 酒井店(厚木市酒井2541-1)
◇保険調剤 なかよし薬局 東名店(厚木市船子180-1)
◇保険調剤 なかよし薬局 荻野店(厚木市下荻野1106-11)
◇保険調剤 なかよし薬局 愛甲南店(厚木市愛甲1-18-20)
《伊勢原市》
◇保険調剤 なかよし薬局 高森店(伊勢原市石田222-4)
《愛甲郡》
◇保険調剤 なかよし薬局 愛川店(愛甲郡愛川町角田1343-1)
◇保険調剤 なかよし薬局 局前店(愛甲郡愛川町角田158-3)
◇保険調剤 なかよし薬局 中津店(愛甲郡愛川町中津2037-7)
《藤沢市》
◇保険調剤 なかよし薬局 湘南台店(藤沢市湘南台1-23-6)

船子店
第1号店にして、今もなかよし薬局の中心で活躍を続ける船子店です。
東名厚木病院の隣にあり、いつも多くの患者さんが来店しています。
ここでは基幹店舗として、薬学生の実習受入やインターンシップもやっています。

ちなみに、近年オープンした店舗は外観も「ちょこっと」オシャレになっています!

東名店
これは船子店のすぐ近くにある東名店(H23開設)です。
店内にはお子様連れの方に嬉しい『キッズスペース』も完備しています。

湘南台店
こちらは湘南台駅から徒歩圏内にある湘南台店(H24年開設)です。
レディースクリニックが近くにあり、女性が多く来店されます。
店内はオシャレなスツールが置かれ、落ち着いた雰囲気になっています。

IMSで働く薬剤師たち・・・
それぞれ薬局勤務・在宅・治験・学校薬剤師・etcと忙しい毎日を送っているようです。
でも!IMSの薬局は、社内の薬剤師によって色々こだわった作りになっているんです。

今は薬局もサービスの時代。
世の中では何が求められているのかを察知し、出来ることから店舗運営に取り入れているなかよし薬局です。

IMSについて《IMSってこんな会社です》


こんにちは!
今日は私たちイノベイションオブメディカルサービス《IMS》について、少しお話したいと思います。

◇IMSって何をしてる会社なの?
本サイト内でも紹介していますが、医療と福祉に関するサービスを提供しています。
・調剤薬局経営
・治験支援事業
・福祉用具レンタル・販売
・訪問介護
・職業紹介事業(これがこのおしごとマルシェです!)

神奈川県厚木市に本部を構え、設立から30年余り・・
調剤薬局は神奈川県内に14店舗(店舗拡大中です!)、IMS営業所は東京・神奈川・静岡県内に11ヶ所。
もちろん、社内には薬剤師さんが沢山います。

そんな医療と福祉の会社《IMS》が行うお仕事紹介。
当然、医療と福祉が専門です!

IMSの中にも、調剤薬局でバリバリ働きたい薬剤師さんや在宅に興味のある薬剤師さん、そして治験をやりたい薬剤師さんなど、色んな希望を持った人がいます。
それぞれの希望を持って入社して、自分の希望を叶える為に日々頑張っています。

世の中にはIMSみたいに『調剤薬局も在宅も治験もあるよ~』なんて会社もあれば、もっと他のことが出来る会社もあるんですよね。
数ある会社の中から、自分に合ったところを自分ひとりで探すのは意外と大変!
だから私たちは、薬剤師さん一人ひとりの希望に耳を傾けて、『個人のための転職・就職支援』をしています。

薬剤師さんならではのお悩み、薬剤師さんだからこそのキャリアビジョン、是非私たちに話してくださいね。

IMS、そして調剤薬局の取り組みについてのお話は、また改めて。