ゴールデンウィーク終了!


皆さん、こんにちは!
ずいぶん久しぶりの更新になってしまいました。
ゴールデンウィークも終わり、余韻に浸る間もなく仕事という日常に戻されてしまった!という方も多いのでは??
街中ではまだまだフレッシュな新人ちゃんを見かけますが、彼らもそろそろ社会人に慣れてきたのかなーなんて想像もしています笑

私のゴールデンウィークはというと、全国の薬学生が集まるイベントに顔を出してきました!
全体の3分の1くらいは、新1年生だったのかな?とっても活気溢れるイベントでした。

薬剤師を目指して、勉強に励んでいる学生さん。
これから薬剤師への道を歩き出す新入生さん。

春は、そこかしこに希望が溢れていて良いですねー!
そんなことを思う私も・・・歳でしょうか・・・

これからどんどん暑くなります。
私も暑さに負けないよう、このブログはしっかり更新していきたいと思います!

それでは、頑張っていきましょうー^^

《治験新聞》4月号が発刊されました


皆さん、こんにちは!
街のそこら中にフレッシュな新入社員が溢れていますねー!
それを横目に、自分の新人時代を懐かしみつつ・・・老けたかしら、なんて肩を落としてみたりしています・・・
なので!今年は活力ある大人を目指したいと思います!
皆さんも4月は色々と感じることが多かったりしませんか??

さて、本日は治験新聞4月号発刊のお知らせです♪

治験新聞 第41号(2014年4月)

テーマは『保険が使える?使えない?』です。
私たちが病院窓口で支払うお金は、実際にかかった費用のうちの一部です。
これは日本が国民皆保険制度をとっているからで、誰もが保険を利用しながら生活しています。
しかし、全てのケースで保険が適用されるという訳でもなく、それによる弊害も存在しています。
身近なことだからこそ、今一度『保険』について考えてみませんか?

株式会社イノベイションオブメディカルサービス:治験新聞 第41号(PDF)

また、↓↓コチラ↓↓から過去の治験新聞も読むことができます。
株式会社イノベイションオブメディカルサービス:治験業務支援 SMO

新しい号が出たときには、またこちらで紹介したいと思います!
今後も治験新聞と当ブログをよろしくお願いします^^

【お仕事紹介】栄区野七里&泉区和泉町 / 月給500,000円のお仕事です♪


皆さん、こんにちは!
今週末からいよいよお花見シーズン突入ですね♪
そんな季節も私の予定は、全く季節感のないものばかり・・・
でもあと少しで通勤途中にも桜が咲きます!そこで春を感じましょう^^

それでは本日も、薬剤師おしごとマルシェからオススメ求人をご紹介したいと思います。

薬剤師さんのためのオススメ求人

《勤務地》
  ◆神奈川県横浜市栄区野七里
     最寄駅は大船ですが・・・駅から距離があります。
     でも!車通勤もちろんOK!
     しかも!車がない~・・・という方には、社用車の貸出も可能です♪
     まずは相談してくださいね^^
   ◆神奈川県横浜市泉区和泉町
     こちらは相鉄線いずみ野駅から徒歩1分!
     駅前の薬局です、通勤のしやすさはバツグンですね!
《勤務先》
  調剤薬局
《雇用形態》
  正社員
《給与》
  月給500,000円~(年収:600万円~)
詳細は↓↓をご覧ください。
栄区七里野の求人
泉区和泉町の求人

オススメポイント

なんといっても、月給500,000円という魅力的なお給料!
年俸600万円を12分割で支給する形になります。
ボーナスはないけれど・・・そのぶん月々のお給料がイッパイ★
これだけお給料がもらえて、それなのに年間休日が124日もあるのが更に嬉しいですねー!
日々稼いだお給料・・・これで充実した休日に・・・(これは気ままな独身の私だけですか^^)

その他、気になった点があればお気軽にお問合せください♪

川崎市で感染症発生状況をリアルタイムで確認できるようになります


皆さん、こんにちは!
暖かい日も増えてきて、今日はすっかり春の陽気でしたね♪
私の家の近くには桜の名所があるので、早く満開の桜の下を散歩したいなーなんてそわそわしています^^

さて、本日は川崎でこんなニュースがありました。
感染症情報を迅速に、市が拡大防止へ新システム開発/川崎市:カナロコ/神奈川新聞社

川崎市健康安全研究所により、川崎市内の感染症発生情報をリアルタイムで収集・発信するシステムが開発されました。
市内の医療機関からネットを通じて情報を収集し、発生情報の早期把握や防止対策の実施に役立てていくことになっています。
当面の間はインフルエンザについての情報収集をおこなう予定で、4月から本格運用が開始されます。

インフルエンザのシーズンは終わりですが・・・良いと思いませんか???
IMSの『なかよし薬局』は川崎市にはありませんが、厚木で何か新しいシステムが出来た時には積極的に利用していきたいですね!
まずはこういったものがあるんだよ、ということを、広く知ってもらうことが大切です。
その上で、個人でも、会社でも、お店でも!役に立つかも??と思ったものは、まず試してみてほしいと思います。

また新しいサービスやシステムを見つけたときには、ご紹介いたします♪

職場での健康診断、受けていますか?


皆さん、こんにちは!
先週末の大雪の中、人間ドックを受けてきました。
自宅から病院までの1時間の道のりも辛かったですが、人生初の胃カメラに涙が出ました…。
1年前と比べて体重が2キロ増えていたのですが、あと2キロ太ったらダイエットしようと思います^^

さて、今日はその流れで『健康診断』についてお話しようと思います。

職場での定期健康診断は誰が受けるの?

正社員で働いている方は、皆さん毎年受けているかと思います。
では、派遣・パート・アルバイトの方はどうでしょう??
この中には、受けてるよ~って人も、受けてないよ~って人も、両方いるのではないでしょうか。
実は『会社が健康診断を受けさせなくてはならない人』について、しっかり国が決めているんです。
 《1》雇用期間の定めのない者
 《2》雇用期間の定めはあるが、契約の更新により1年以上使用される予定の者
 《3》雇用期間の定めはあるが、契約の更新により1年以上引き続き使用されている者
短時間労働者でも、上記のいずれかに該当し、1週間の所定労働時間が同種の業務に従事する通常の労働者の4分の3以上ある場合、会社は定期健康診断を受けさせる義務を負うことになっています。
ちなみに1週間の所定労働時間が同種の業務に従事する通常の労働者の2分の1以上ある場合は、受けさせることが望ましいとされています。
有害業務従事者や深夜勤務者に対してなどさらなる規定もありますが、『1年以上の雇用・4分の3以上の勤務時間』は最低限覚えておきたいポイントですね。

健康診断ってどこまでするの?

実はこれについても、明確に項目が定められています。
 ■既往歴及び業務歴の調査
 ■自覚症状及び他覚症状の有無の検査
 ■身長、体重、視力及び聴力の検査
 ■胸部エックス線検査及び喀痰検査
 ■血圧の測定
 ■貧血検査
 ■肝機能検査
 ■血中脂質検査
 ■血糖検査
 ■尿検査
 ・ 尿中の糖の有無の検査
 ・ 尿中の蛋白の有無の検査
 ■心電図検査
年齢や性別によって変わってきますが、基本的には上記項目をカバーする形で行われます。
それを考えると、私が会社の健康診断で人間ドックを受けさせてもらえるのもありがたいお話です…。

健康診断は会社にとっての義務、労働者にとっての権利

実は『健康診断=正社員のためのもの』と思っている方が少なくありません。
しかし会社は正社員だけでなく、パート・アルバイトの方でも一定の基準を満たした場合は、健康診断を受けさせる義務があるのです。
ちなみに、派遣社員の場合は、派遣元(派遣会社ですね)が健康診断を受けさせる義務を負います。

働く上で、こういった基本的な知識を身に付けることは、自分を守ることにもつながります。
もし『知らなかった~』という方がいたら、ぜひ!!覚えておいてくれると嬉しいです♪
聴診器001

《治験新聞》2月号が発刊されました


皆さん、こんにちは!
昨晩の濃霧は見ましたか??私はなかなか見れない程の霧に、わざわざ遠回りして家まで帰ってしまいました。
携帯で写真も撮りましたが、やっぱりキレイには撮れないんですね…。

さて、本日は治験新聞2月号発刊のお知らせです♪

治験新聞 第40号(2014年2月)

テーマは『遺伝子が治療薬を教えてくれる』です。
遺伝子情報をもとにしたオーダーメイド医療について書かれています。
一部、既に遺伝子情報の中には医療現場で実用化されているものがあります。
しかし多くは、社会的・倫理的な観点から、まだまだ過大が山積していると言えるでしょう。
ぜひこの機会に、オーダーメイド医療のこれからについて考えてみませんか??

株式会社イノベイションオブメディカルサービス:治験新聞 第40号(PDF)

また、↓↓コチラ↓↓から過去の治験新聞も読むことができます。
株式会社イノベイションオブメディカルサービス:治験業務支援 SMO

新しい号が出たときには、またこちらで紹介したいと思います!
今後も治験新聞と当ブログをよろしくお願いします^^

2014年、関東地方が花粉シーズン突入へ


皆さん、こんにちは!
ここ最近、暖かい日が続いていますねー。
今年は…雪は?積もるほどには降らないのでしょうか…
雪好きな私としては、なんとも気になるところです><

これだけ暖かいと、春が確実に近づいて来ていることを実感します。
そして春といえば!花粉です…

関東地方は続々花粉シーズンに突入!昨年より1週間も早く飛散開始:ウェザーニューズ

1月26日に、東京・神奈川・埼玉・千葉・群馬・栃木・茨城の7都県で一定の花粉飛散が観測されました。
ウェザーニューズ社は、関東全域が花粉シーズンに突入したと発表しています。
今年は昨年に比べ、約1週間~10日ほど早いシーズン突入となりました。

もうこのニュースを聞くだけで、目がかゆくなりそうですね。
近いうちにコンタクトデビューをしようと考えている私には、不安の種でもあります。
花粉シーズンは目・鼻だけでなく、肌荒れもしやすい時期です。
早め早めの対策に取り組みたいですね!
杉

ブラジルで薬剤師不足が深刻化!


皆さん、こんにちは!
以前にベトナムの薬局についてご紹介したことを覚えていますか??
staffブログ-2013年10月29日/ベトナムの薬局:薬剤師おしごとマルシェ
海内の薬局事情を覗くことって、なんだか楽しいですよね♪

今日はブラジルの薬局について、ニュースを見つけました。
薬局の薬剤師不足 小規模の都市ほど深刻:サンパウロ新聞
見出しだけ見ると、まるで日本のニュースのよう・・・
でもこれは、遠い遠いブラジルでのお話です。(なんせサンパウロ新聞ですからね!)

ブラジルでは、薬局に薬剤師を置くことが法律で定められています。
しかしその実態は、約9万7000ある薬局のうち半数で、営業時間内に薬剤師不在となる時間帯があるというものでした。
さらに全薬局のうち5%の薬局では、薬剤師を雇用していないことも分かっています。
多くの薬局で、販売員が薬剤師を装って店頭に立っており「病気が悪化して命の危険に立たされるリスクがある」と調査担当者も警鐘を鳴らしています。
薬局店舗数の過多や地域差による偏りなど様々な要因がありますが、ブラジルでの深刻な薬剤師不足はすぐには解決できそうにありません。

日本でも「薬剤師が足りない!」と苦しい声を上げる薬局が多くあります。
それ以上にブラジルは大変そうですね・・・
国が違えば・・・という部分もあるのでしょうが、ちょっと想像を超えている部分もありますね^^;

ただ、なかなか触れられない海外の薬局事情は、非常に興味深い話題ですね。
地球の反対側でも「薬剤師がいなーい!」なんて薬局が同じ悩みを持っていると思うと、ちょっぴり不思議な気分です。
ブラジルへ旅行へ行く方!(そうそういないと思いますが・・・)薬局も覗いてみてはいかがでしょう^^

ちょっと息抜きに、こういったニュースもご紹介していきたいと思います♪
それでは今週も折り返しましたし、残りを頑張りましょうー!

第12回市民講座のおしらせ


皆さん、こんにちは!
今夜は雪が降るとか降らないとか・・・
寒い日ばかりですが、お花屋さんでは春の花が入荷されていましたー!
スイートピーがキレイでしたよ^^

さて、本日はIMSが定期的に開催している市民講座についてお知らせします。
今回のテーマは【健康な体を保つ方法を体験!実践!】です。

《第12回 市民講座》詳細

■開催日
2014年2月16日(日) 10:15~13:00(開場10:00)
■会場
厚木市市民文化会館 4階集合室A、B
◇参加費無料
◇予約不要
◇無料託児所あり(保育士完備)

◆公演1(10:20~)
 『ロコモについて~いつまでも自分の足で歩けるように~』
  東名厚着病院 診療協力部 副部長
         リハビリテーション科 科長 田中勇 先生
◆公演2(11:00~)
 『血液検査の結果の読み方』
  なかよし薬局 薬剤師 加藤博昭
◆お薬相談コーナー

市民講座ポスターはコチラ

身近な話題を、分かりやすく市民の方へお伝えしています。
予約不要でフラっと立ち寄っていただけますので、ご家族・ご友人と、ぜひご参加ください。

改めて、ノロウイルスへの対策を


皆さん、こんにちは!
テレビでノロウイルスが大きく取り上げられていますね・・・
なんでも浜松市の市立小学校で、900人を超える児童が欠席をしているそう。

〔児童大量欠席〕嘔吐や下痢で905人 浜松:静岡新聞社
今月16日、浜松市内の市立小学校14校で906人の児童が、嘔吐・下痢などの症状により欠席しました。
それに伴い、12校で学校閉鎖の措置をとっています。
市が児童17人の便を検査したところ、11人からノロウイルスの陽性反応が出たとのことです。
浜松市では、今日以降も感染症や食中毒の可能性を視野に入れて調査を続けることにしています。

うーん、こわいですね・・・。
ノロウイルスによる集団食中毒は毎年起きていますが、1000人規模での集団食中毒は珍しいそうです。
でも、決して他人事ではないんですよね。

ちょっと遅くなった感はありますが・・・
ここで改めて、ノロウイルスについて確認しておきましょう!
厚生労働省のホームページに《ノロウイルスに関するQ&A》というページがあります。
今回はこの中から簡単にご説明しましょう。

ノロウイルスによる胃腸炎って??

年間を通じて発生しますが、特に冬季(12月~1月がピーク)に流行します。
手指や食品を介して経口感染し、嘔吐・下痢・腹痛などを起こします。
子どもやお年寄りでは重症化したり、吐ぶつを気道に詰まらせて死亡することがあります。
ノロウイルスの潜伏期間(感染~発症)は24~48時間です。

どんな食品が原因なの??

調査において食品から直接ウイルスを検出することが難しいため、食中毒事例の7割で原因食品が特定できていないのが現状です。
ただし、魚介類、とりわけ二枚貝での感染が多く確認出来ており、十分な加熱をしたうえで食べるよう注意喚起しています。

どうやって予防したらいいの??

■食品の加熱処理
ウイルスは熱に弱く、加熱処理はウイルスの活性を失くすのに非常に有効な手段です。
ただし、ノロウイルスの活性を失くすのに必要な加熱条件は数値化されていません。
今は『十分に加熱する』ということで、対応するしかなさそうです。

■手洗い
調理前、食事前、トイレ後、下痢などの汚物処理やオムツ交換後(手袋をしていても)は、絶対に手洗いをするようにしましょう。
指環は外して、洗い残しがないように、十分な時間をかけてしっかりと洗います。
意外と見落としがちですが、手洗い後の手拭タオルが清潔であるかも重要です。

■調理台・調理器具の殺菌
ノロウイルスに対しては、エタノールや逆性石けんはあまり効果がありません。
次亜塩酸ナトリウム、または加熱処理による殺菌をするようにしましょう。
まな板や包丁、へら、食器、ふきんなどは、熱湯(85℃以上)で1分以上の加熱が有効です。

感染が疑われる場合は??

すぐに最寄の保健所や、かかりつけの医師にご相談ください。

最後に

冬になると、風邪をひかないように・・と気を取られがちですが、食中毒にも気をつけないといけませんね。
ご家庭で食事を作るときの参考になれば幸いです。

私も自炊をしている身なので、これを機に、意識を改めようと思います!

もっと詳しく知りたい!という方(そうでない方も是非・・ですが)、厚生労働省のホームページを見てみてください。
ノロウイルスに関するQ&A:厚生労働省

水道001